マイ愛すくりーむと申します。
一人称はアイスクリームです。


自己啓発本がやたら売れている件
ラノベは異世界転生ばかり流行る件
テレビの報道がゴシップばかりでどうでもいい件

この辺をまとめて誰か論文書いてください。



薄っぺらいビジネス本を読む暇があったらラノベを読むアイスクリームですが、なんか唐突に薄っぺらいビジネス本を読みたくなったので買ってきました。


ここで君たちに薄っぺらいビジネス本の見分け方を教えてあげるね。
それは、著者プロフィールがやたら長いことなんだ!

誰かが持ち上げてくれる訳じゃないから、自分で自分のことをアピールするしかないんだね。


それと、本の冒頭でやたら長い自己紹介をするビジネス本も高確率で地雷だ。
書くことが少なくて書籍にできるだけのページ数に足りないから、自伝で文字数を稼いでいるんだね。


自伝は大体下記のようなテンプレートで書かれるよ。
自己啓発本を書きたい人は参考にしてね。

最初はお金なくてスキルなくて八方ふさがりな不幸人間
→ある人との出会い、またはある法則の発見で180度変わってハッピーライフ
→もうお金には全然困っていないんだけど、そんな自分の学びをみんなと共有してみんなにもハッピーライフを送ってほしいから本を書いた


そうだね、そういえば本の内容に触れていなかったね。


今作に書いてあるのは

①自分を認めよう
②人をほめよう
③お金を上手に使おう
④苦手な事は人にやらせよう

以上だよ。

確かにこの通りにいけば簡単に夢がかないそうだね。
どこかで見たことがある内容をギュッと圧縮したような内容だから、初めて読む自己啓発本としては(真面目に)良いと思うよ。

ただ、アイスクリームはもう人生が消化試合に入っているので何を読んでも響かないんだ。
悲しいね。



アイスクリームは自己啓発本を否定しないよ。
いくら内容が薄くても、どこかで見た事ある内容でも、それが誰かの救いになるならいいし、本当に成功する人がいるならそれはすごい事だと思うよ。


終わりでーす。