ハイセンスなタイトルって多々あるよね。

小説だと
アンドロイドは電気羊の夢を見るか



とか

ちょっと今から仕事やめてくる

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)
北川恵海
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-02-25



とか

二十億光年の孤独


二十億光年の孤独 (集英社文庫)
谷川 俊太郎
集英社
2008-02-20



とか、曲だとK




とか、ギリギリchop




とかね。

最初同じ言葉を2回繰り返しているだけだと思ったんだけれども、

あのねこのまちあのねこのまち

って、

あのね、この町
あの猫の町

だったんだね。

と読み終わってから気づくセンスの欠片もない凡夫でした。