なんでもかんでも『オブザデッド』をつけたら、たちまちゾンビ映画となる。らしい。
「オブ・ザ・デッド」で終わる作品の一覧というwikipedia記事があるくらい、オブザデッドはお約束になってしまった。

なるほど、

オブ・ザ・デッドの頭に面白い枕詞をつけて新しいゾンビ映画タイトルを考えなさい

という大喜利テーマがあってもよさそうだ。

と言ったところで、並み居るゾンビ者の先達達が既に狂気じみたオブザデッドを開拓しまくっており、私ごときユーモアの欠落した小市民が考えたところで新たなフロンティアを開拓する自信はない。

まず、『こころオブ・ザ・デッド』がヤバいし、

160513_02


あと『新選組オブ・ザ・デッド』もヤバい。
こっちは特に主演:日村勇紀なのがヤバい。

アマゾンレビューの評価がすごく低いので見るのをためらっている。
日村は演技うまいから、演出か脚本をやらかさない限り悪くはならないはずなのにね。

新選組オブ・ザ・デッド
日村 勇紀
2015-09-09







ホラーが大の苦手、綺麗なものだけ見て生きていきたい、バイオハザードはニコ動画のゲーム実況じゃなきゃ見られない、弱心臓なのでゾンビ映画にとんと興味なかったけれど、なんとなく『オブザデッド・マニアックス』を読んで少し興味わいちゃった。


内容:
授業中、いつも妄想していた。もしも今、この学校をゾンビたちが襲ってくれたら―。恐怖の叫び声を上げ逃げ惑うクラスメイトたち、何もできずおろおろする先生…。ざまあ見ろ、最高だ!ゾンビ映画ばかり観て現実と向き合えない高校生・丈二。しかし、嫌々参加したクラスメイトとの夏の合宿で、本物のゾンビハザードが丈二とクラスメイトを襲う!ボンクラでオタクな僕が、みんなを救ってヒーローになる!?さらに学校一の美少女も思いのままに!?怨念じみた妄想が現実になったとき、待ち受けるのは天国か、それとも地獄か!?―。

感想:
笑って読めるゾンビ映画ガイド。
ゾンビ素人の私はこれを参考に色々見てみようと思った。
ゾンビ映画通が楽しめるかどうかは知らん。
最後が強引なのはラノベだからなので文句言っちゃあ、いけない